夜行バスで目的地へ

最近の長距離バス事情をみながら、いろいろな利点がある夜行バスを利用してみましょう。

持っていいたほうが良いもの

旅行用の枕

座席に取り付けて使えば、頭がしっかり固定できるのでぐっすりと休むことが出来ます。

ポータブルDVDプレイヤー

どうしても眠れない方や時間をl有意義に使いたい場合は、映画をたくさん見るというのも一つの方法かもしれません。

耳栓

なるべく休む時は、周囲の雑音をシャットアウトしたいですよね。耳栓があれば、周囲の音をシャットアウトできるので、しっかり寝て疲れをとることができるでしょう。

飲み物

バスの中で無料でサービスされている会社もありますが、ない場合はなるべく少量ずつこまめに水分をとり体調を崩さないようにしましょう。また、お酒は他人に迷惑を掛ける場合があるので、控えた方がいいです。バス乗車のルールを守りましょう。

カイロ

ブランケットは用意してあるバスがほとんどですが、冬場などはカイロも用意しておくと良いかもしれません。冷え性の女性も安心です。

夜行バスでの移動時間

なるべく睡眠をとる

旅行でテンションがあがってしまっても、深夜はなるべく休むようにしましょう。しっかり休めば、観光についた時も元気に楽しめます。

近くの席の人と会話

せっかく近くの席に座ったのも、何かの縁かもしれません。旅仲間として、いろいろ話してみるのもいい思い出になります。

食事をとる

お腹がへったら食事をとることもできますが、寝ている人が多い深夜は遠慮したほうが無難です。

本を読む

自分だけ眠れない場合は、うるさくはできないので静かに本や雑誌を読むといいでしょう。夜の移り変わる風景の中で読む本は、格別かもしれません。

音楽を聴く

自分の好きな音楽を聴くことで、バスの中でもリラックスできます。眠い時に聴くヒーリングミュージックなどもプレーヤーに入れておくと良いでしょう。